2020年02月07日

フェイクスイーツみたいな上生菓子


 紗良が出雲に旅行に行って
 松江でお土産を買ってきてくれました!

 ものすごーくきれいな上生菓子でびっくりです。

 え、食べちゃうのもったいない

 フェイクスイーツみたい

 とかとか

 あまりきれいなので
 写真撮りました。

 CA3K0256.JPG

 花籠
 持ち手は持ち手で別に入っていて
 食べるときにさしこんでいました。

 CA3K0254.JPG

 節分
 赤鬼さんですが、ちょっと崩れすぎかも。
 まあ飛行機に乗って飛んできたわけですから
 しょうがないのかな。
 ちなみに青鬼さんは売り切れていたそうです。
 見てみたかった!

 CA3K0250 (2).JPG

 初音
 これは鴬さんですよね。
 くちばしのところが入れ物にくっついてしまって
 ちょっとだけ短くなってしまいました。

 CA3K0252.JPG

 福寿草
 鬼はもちろんなんですが
 福寿草や鶯は今の季節だなーって思います。
 福寿草は名前のせいか
 いいことありそう。

 ちなみに
 私は福寿草をいただきました。
 甘すぎず上品な味で
 とても美味しかったです。
 うちのほうの
 お菓子屋さんの上生菓子はちょっと甘すぎて
 個人的にいまいちなのですが
 (そもそもこれほど見た目のクオリティも高くない)
 これはちょうどよい甘さでした。
 
 松江城の
 松枝歴史館 きはる
 名工 伊丹二夫
 と箱の上書きにありました。
 お菓子職人さんて名工なんですね。
 すごい。
 
 他の季節の上生菓子もとても気になります。
 あじさいとか金魚とか素敵そうです。
 
 でも出雲は遠い…

 そのうち
 サンライズ出雲に乗って
 いけたらいいなー

 叶いますように。

 


 
 
 
posted by 紗良 at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: